商船三井/「帆」を持つ大型商船、2022年に運航開始

2019年10月03日 

商船三井は10月3日、大島造船所と共同で、日本海事協会から硬翼帆式風力推進装置の設計に関する基本承認(AIP)を取得したと発表した。

<硬翼帆式風力推進装置のイメージ>

<証書授与式>

硬翼帆式風力推進装置は風力エネルギーを伸縮可能な硬翼帆によって推進力に変換して利用する装置で、商船三井と大島造船所が中心となって取り組む「ウィンドチャレンジャープロジェクト」の根幹的技術となっている。今回のAIP取得によって、硬翼帆の構造と制御に関する基本設計が終了した。

ウィンドチャレンジャープロジェクトでは、引き続き詳細設計を進め、2022年中に硬翼帆を1本実装した新造船の運航開始を目指す方針。

1本帆による温室効果ガス(GHG)削減効果は、日本~豪州航路で5%、日本~北米西岸航路で8%を見込んでおり、将来的には複数の帆を実装し、他のGHG削減対策と組み合わせることで、国際海事機関(IMO)が定めた「2050年までに船舶からのGHG排出量の総量を2008年比で50%削減する」目標の達成に向けた有力なソリューションへの発展を目指す。

最新ニュース

物流用語集