鈴与/SAPの次世代基幹系情報システム導入

2019年10月02日 

SAPジャパンとNECソリューションイノベータは、鈴与がSAPの次世代ERP「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」をプライベート型のCloud ERPとして提供する「SAP S/4HANA Cloud, single tenant edition」を採用し、8月からNECソリューションイノベータが導入プロジェクトを開始したと発表した。

鈴与では、現行会計システム導入から20年程度経過しており、経営ニーズとシステム機能間のギャップが顕著になる課題を抱えていた。そのため、今後数十年を下支えする経営基盤として「生産性向上による働き方改革の加速」「経営管理の近代化」「テクノロジーの有効活用」を目的に新システムの導入検討を開始。

複数のERPパッケージの中から、今後のビジネス環境の変化の対応力などを評価し、「SAP S/4HANA Cloud, single tenant edition」と「SAP Analytics Cloud」「SAP Cloud Platform」の導入を決定した。

「SAP S/4HANA Cloud, single tenant edition」を採用したことにより、SAP S/4HANAが提供する多様な機能拡張プログラムをタイムリーに適用していくことで、環境変化に柔軟に対応し、「生産性向上による働き方改革の加速」「テクノロジーの有効活用」というプロジェクト目的の実現を目指す。

最新ニュース

物流用語集