日立物流/全国フォークリフト運転競技大会で女性の部優勝

2019年10月02日 

日立物流は10月2日、陸上貨物運送事業労働災害防止協会主催による「第34回全国フォークリフト運転競技大会」が9月29日開催され、グループから17名が参加したと発表した。

<優勝した池田選手(左)と中谷社長(右)>

優勝した池田選手(左)と中谷社長(右)

<大会出場者の集合写真>

大会出場者の集合写真

会場は埼玉県トラック総合教育センター。参加選手は78名(一般の部61名、女性の部17名)だった。

女性の部では日立物流西日本の池田由香選手が総合得点935点で優勝し、厚生労働大臣賞を受賞したほか、4位にも入賞した。また、一般の部でも4位と5位に入賞するなど、日立物流グループからは4名の選手が入賞した。

なお、日立物流グループは、遵法精神と安全意識の高揚および運転の知識と技能の向上を図る目的で、第1回から同大会に参加。今後も、職場での安全作業の確立と労働災害の防止に努めていくとしている。

■日立物流グループ入賞者
女性の部
優勝:池田由香選手 日立物流西日本 (厚生労働大臣賞受賞)
4位:宮島 恵選手 日立物流東日本

一般の部
4位:圓城規之選手 日立物流西日本
5位:南雲一充選手 バンテックイースト

最新ニュース

物流用語集