センコー/大分市で医療・医薬関連の物流拠点を竣工

2019年10月01日 

センコーは10月1日、大分市で「大分PDセンター」を竣工した。

<大分PDセンター>

大分PDセンター

新センターは東九州自動車道「大分宮河内IC」から3km(自動車で4分)の立地で、延床面積は1万7000m2。建物は平屋建てのA棟、地上2階建てのB棟で構成されており、2棟の間には庇付きの荷捌き場を設置し、雨天時の作業にも対応している。

大分県には、センコーが注力する医療・医薬関連のメーカーが集積しており、近年多発する自然災害時にサプライチェーンの分断を防ぎ、医療体制を維持する物流が求められている。

新センターは、高台に建設し、非常用発電機や自家給油スタンドを設置するなどBCP対応を強化しており、拠点増設によって事業拡大を図る。

■大分PDセンター
所在地:大分市大分流通業務団地3-3-1
敷地面積:2万2483m2
建物構造:(A棟)鉄骨造平屋建て(事務所2階建)
(B棟)地上2階建
延床面積:1万7487m2(倉庫面積1万1999m2)
設備:貨物用エレベーター1基
垂直搬送機2基
ドッグレベラー1基
非常用発電機250kW
給油スタンド20kl
空調設備(5~28℃の自動制御温度管理)

最新ニュース

物流用語集