日本郵船/世界初、自動車船の有人自動運航に成功

2019年09月30日 

日本郵船は9月30日、有人自律運航船の実現に向けた自動運航技術の実証実験に世界で初めて成功したと発表した。

<IRIS LEADER(イーリス・リーダー)>

IRIS LEADER

<実証実験の航行ルート>

実験では、総トン数7万826トンの大型自動車専用船「IRIS LEADER(イーリス・リーダー)」に、日本郵船とグループ会社の日本海洋科学が開発した最適航行プログラムを搭載。

中国の新沙から名古屋港(9月14~17日)、名古屋港から横浜港(9月19~20日)の試験区間で、通常の乗組員による当直体制を維持したまま、昼夜を問わず断続的に最適航行プログラムを用いて航行した。

<実験中のブリッジ>

最適航行プログラムが航海計器からのデータをもとに周囲の状況を把握、衝突リスクを計算して最適な避航針路を決定し、自動で操船するまでの一連の動作を実海域で実施し、その様子を監視・評価した結果、陸上のシミュレーターでの実験だけでは得られないさまざまなデータを取得し、プログラムが安全性・効率性の高い運航に寄与できること、また実用化の可能性を確認することができた。

今後は、データ分析によってプログラムが導き出す最適な進路と、人間が下す判断との差異を調整するなど、さらに高度な操船支援技術へと改良を重ねることで有人自律運航船の実用化を目指す。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集