デンソー、GMS/インドネシアで小口保冷輸送サービスの実証事業

2019年09月30日 

デンソーとGlobal Mobility Service(GMS)は9月30日、インドネシアでのコールドチェーン物流網構築に向け、生鮮食品などを商業施設や一般家庭に配送する小口保冷輸送サービスの実証事業を10月から開始すると発表した。

実証事業では、インドネシアでの小口保冷輸送サービスの実現可能性を検証する。

デンソーの小型冷凍機を搭載した小型保冷車をドライバーに貸し出し、ドライバーが荷主から請け負った生鮮・冷凍食品の配送業務を行う。

配送業務を通じて、小口保冷輸送のニーズや課題、ドライバーの配送収入などを検証し、将来的には、GMSが事業展開するIoTデバイスとモビリティサービスプラットフォームを活用した車両ローン返済の仕組みをインドネシアで展開することを目指す。

これにより、これまで与信審査が通らず車両を所有できなった貧困層や低所得者層の就業機会の創出と所得の向上を図るとともに、インドネシアの保冷輸送サービスの改善に寄与する。

GMSはモビリティサービスプラットフォームの提供を手がけている企業で、デンソーのほか、ソフトバンクや住友商事などが出資。独自開発の自動車の遠隔起動制御を可能にするIoTデバイス「MCCS」と、モビリティサービスプラットフォーム「MSPF」を活用したサービスモデルを構築し、日本やASEAN各国市場に提供している。

最新ニュース

物流用語集