フジテックス/協働型搬送ロボットの取扱開始

2019年09月27日 

フジテックスは9月26日、倉庫内での生産性の向上へ向けて、最新の協働型搬送ロボット「X100」と「X350」の取り扱いを開始したと発表した。

<協働型搬送ロボット>

新製品は人に代わってピッキング後の製品を搬送するロボットで、最大搬送能力は「X100」が100kg、「X350」が350kg。画像認識技術によって人や障害物を検知し回避する機能を搭載しており、ピッキング作業員の歩行時間を約50%削減することができる。

既設のレイアウトのまま導入可能で、導入時のマッピング作業は最短2時間。運用中も周辺環境の変化によるルート変更や、最適ルートを選択することが可能で、導入によって最大30%の省人化、最大2倍の生産性向上を実現できる。

最新ニュース

物流用語集