オリックス/ワコーパレットを子会社化

2019年09月27日 

オリックスは9月27日、ワコーパレットの全発行済み株式を取得したと発表した。

ワコーパレットは、全国に4事業所、約80の物流センターを展開。主に関東、関西、中部エリアの物流事業者と取引ネットワークを構築し、パレットやカゴ台車、ネスティングボックス、冷凍冷蔵コンテナなどの物流機器を販売・貸出している。

物流機器の市場は、物流業界の人手不足に伴う物流機器の高機能化や業務の省力化ニーズの高まりに加え、国土交通省が物流の生産性向上の取り組みを推進していることを受けて、今後も継続的に成長する見通し。

オリックスは、大型物流施設の開発・運営や、自動搬送ロボットなどの機器レンタル事業で全国の物流事業者と取引関係にあり、グループの法人営業ネットワークや事業ノウハウを活用し、ワコーパレットの安定的な成長に寄与していく方針だ。

■ワコーパレットの会社概要
所在地:大阪市西区南堀江3-14-12
設立:1971年3月
事業拠点:国内事業所4
従業員数:93名(2018年12月末時点)
事業内容:物流機器の販売・レンタル業
売上高:約118億円(2019年2月期)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集