楽天/EC配送サービスを九州へ拡大、配送対象エリアに福岡県追加

2019年09月25日 

楽天は9月24日、配送サービス「Rakuten EXPRESS」の対象エリアを福岡県福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川市、糟屋郡宇美町、糟屋郡篠栗町、糟屋郡志免町、糟屋郡須惠町、糟屋郡粕屋町に拡大したと発表した。

<Rakuten EXPRESS対象エリア>

九州地方でのRakuten EXPRESSの提供は、今回が初めて。これで、配送対象エリアは11都道府県、人口カバー率は29.5%となった。

Rakuten EXPRESSでは、楽天グループで生活用品や日用品を取り扱う「Rakuten24」などの直販店舗、「楽天ブックス」およびファッション通販サイト「Rakuten BRAND AVENUE」の商品と、「楽天市場」出店店舗を対象とする物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」で受託する一部の荷物を配送している。

楽天は、EC物流の健全化を目的に「楽天市場」で包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げており、今回のRakuten EXPRESSの配送エリア拡大もその一環として実施した。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集