三井E&Sマシナリー/インドネシアに港湾荷役用クレーン10基出荷

2019年09月25日 

三井E&Sマシナリーは9月25日、インドネシア共和国・PT. Prima Terminal Petikemas (PTP)より昨年5月に受注した同国・北スマトラ州のBelawan Container Terminal Phase II向け三井パセコポーテーナ(岸壁用ガントリークレーン)4基を現地岸壁にて荷下ろし完了させたと発表した。

<ブラワン港に到着した岸壁用ガントリークレーン>

ブラワン港に到着した岸壁用ガントリークレーン

これは第1国営港湾運営会社(ペリンド1)の子会社であるPTPが建設を進めているブラワンコンテナターミナルの拡張バースで使用するものであり、三井E&Sマシナリーにとっては隣接するブラワン港既存国内コンテナバース向けに今年4月に納入完了した三井パセコポーテーナ2基に続くもの。

なお、この件とは別に同国最大の港湾であるジャカルタ・タンジュン・プリオック港へ三井パセコハイブリッドトランステーナ(ラバータイヤ式ヤードクレーン)6基を大分工場から既に出荷済みで、現地に到着している。さらに間もなくタンジュン・プリオック港の同一岸壁向けに三井パセコポーテーナ(岸壁用ガントリークレーン)4基の出荷も控えており、インドネシア共和国の海洋国家構想に対し多大に貢献している。

最新ニュース

物流用語集