サッポロ/AIによるロジスティクス領域の計画主導型システム導入

2019年09月24日 

サッポログループは9月24日、AI技術を活用した商品需給計画システム「Supply Chain Planning(サプライチェーンプランニング)システム」を導入し、サッポロビール、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、サッポログループ物流のグループ3社で8月から利用を開始したと発表した。

<新システムの導入効果>

新システムは、需要予測から生産計画、供給補充計画までを範囲とする酒類・飲料・食品のサッポログループ共通システム。サッポログループとキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)が共同で標準業務を設計しており、キヤノンITSの「FOREMAST(フォーマスト)」をはじめとする計画系ソリューションを活用して開発した。

<物流を平準化する補充計画>

導入によって、市場の要求を先に捉える計画主導型業務にシフトし、在庫を適正化することが可能になったほか、ロジスティクスを起点とした需給調整によって輸送の平準化を実現。

また、データの収集、加工、可視化などを自動化したことで、意思決定を中心とした業務の高度化が図れたほか、グループ共通のシステムへの投資によって高い投資効率を実現した。

サッポログループは「ホワイト物流」推進運動に賛同し、「ロジスティクス業務の標準化」と「グループ拠点ネットワークの構築」を中心に、物流の効率化・働きやすさ向上に向け取り組むことを表明している。

新システムの導入で、ロジスティクス領域でカテゴリの異なる商品の業務フロー・システムを統一し、計画主導型のロジスティクス業務を標準化することで、トラックドライバー不足や、事業構造の多様化、業務の属人化といった諸課題を克服し、在庫の適正化、物流の平準化、ロジスティクス担当者の働き方改革の実現を目指す方針。

今後は2020年上期にさらなる高度化を目指し、意思決定支援・データの精度向上機能を予定している。

最新ニュース

物流用語集