SBSリコーロジ/福岡市東区に多機能物流センター新設

2019年09月20日 

SBSリコーロジスティクスは9月20日、福岡市東区の物流施設「九州日新アイランドシティロジスティクスセンター」内に新物流拠点「物流センター福岡」を開設し、9月24日に営業を開始すると発表した。

<施設外観>

物流センター福岡は、機械部品をはじめ、電子部品、アパレル、化粧品など幅広い商品の取り扱いに対応する。

福岡市街地・福岡空港・博多港に近接という立地を生かし、九州一帯をカバーするだけでなく、東南アジア諸国とダイレクトに連絡し完成品、半製品、部品といった貨物を保管することに加え、木材での梱包・木製クレートや通関業務などのサービスも提供することで、国内3PLに加え海外を見据えた物流サービスを提案する。

運営は子会社のSBS三愛ロジ九州が担い、本社・営業機能と物流倉庫機能を併せ持つことで、案件をスピード実現させるほか、10月にはさらに施設面積を1200m2拡大し、荷主のさまざまなニーズに対応していく。

■物流センター福岡
所在地:福岡市東区みなと香椎3-6-1(九州日新アイランドシティロジスティクスセンター内)
開設:9月24日
開設時賃借面積:9240m2
アクセス:博多港コンテナターミナルから0.3km
福岡中心街から10km圏内
福岡空港貨物ターミナルから9.3km
JR貨物福岡ターミナルから3.8km
福岡都市高速「アイランドシティIC」から1.4km(2020年竣工予定)

※九州日新アイランドシティロジスティクスセンターの概要
敷地面積:1万4850m2
延床面積:2万6400m2
構造:鉄骨造地上5階建(倉庫部分4層)
竣工:9月4日

最新ニュース

物流用語集