プロロジス/人感センサー付LED照明の制御・可視化システム開発

2019年09月20日 

プロロジスと、赤外線センサーメーカーのアイキュージャパンは9月20日、両社が2018年に共同開発したLEDベースライト「Lumiqs(ルミックス) BL-640」の使用状況を見える化しタブレットで制御できる「Lumiqs メッシュネットワークシステム」を新開発したと発表した。

<タブレット1台で照明1300台まで制御可能>

タブレット1台で照明1300台まで制御可能

同システムを導入した物流施設の利用者は、直観的な操作で省エネに取り組むことができるようになる。

「Lumiqs メッシュネットワークシステム」は、LED照明「Lumiqs BL-640」を利用状況に合わせて制御し、省エネにつなげる目的で開発された。

これまで、物流施設の照明は壁面スイッチで操作し、場所や時間による細かな設定は難しかったが、「Lumiqs メッシュネットワークシステム」は、タブレット上で任意の照明をグループ化し、グループごとに調光設定ができる。

また、照明の使用状況や電力削減率を、時間・日・月の単位ごとに集計し、可視化。タブレットのダッシュボードでいつでも閲覧、設定変更ができるため、電気使用量の削減に効果的に取り組むことができる。加えて、物流施設内の人の動線も見える化し、庫内オペレーションの効率化に活用することができる。

<時間毎・日毎・月毎に消費電略や電力削減率が閲覧できる>

時間毎・日毎・月毎に消費電略や電力削減率が閲覧できる

<照明マップに検知データを重ねた動線管理>

照明マップに検知データを重ねた動線管理

主な特色には、消費電力では点灯率データから消費電力を計算し、作成したグループごとに表示する。動線分析ではセンサー検知率のデータから人の動線を計算し、ヒートマップに表示。

スケジュール機能では、時間帯による調光や、センサー入り切り、タイマー設定が可能。照明器具設定機能ではセンサー入り切り、センサーのタイマー、センサー感度設定ができる。

「Lumiqs メッシュネットワークシステム」は、9月20日よりアイキュージャパンが発売を開始する。竣工した「プロロジスパークつくば1-B」に初導入し、来月竣工予定の「プロロジスパーク千葉1」でも採用する予定だ。

最新ニュース

物流用語集