楽天、西友/自動走行ロボットによる商用配送サービスを開始

2019年09月19日 

楽天と西友は9月19日、神奈川県横須賀市で国内初となる自動走行ロボット(UGV)による一般利用者向け配送サービスを実施すると発表した。

<イメージ>

一般利用者から注文を受けた商品を、「西友 リヴィンよこすか店」から店舗と隣接する港湾緑地「うみかぜ公園」までUGVで配送する。

サービス期間は、9月21日~10月27日までの約1か月間を予定。土日の週2回、1日あたり最大12件の配送を予定している。

利用する際は、まず注文者がスマートフォンに「楽天ドローン」のアプリをダウンロードし、「西友 リヴィンよこすか店」で取り扱う生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目から商品を選択。受取を希望する時間と場所を指定して「楽天ペイ」で決済した後、アプリに通知された暗証番号を使ってUGVから商品を受け取る。

今回の取り組みは、横須賀市が推進するスマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目指す「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環として実施するもの。

楽天と西友は、7月にも横須賀市の協力を得て、同市内にある無人島の猿島へ「西友 リヴィンよこすか店」からドローンを使ってバーベキュー食材などを配送する商用サービスを開始している。

■サービス概要
実施期間:9月21日~10月27日の土・日
配送料:300円(税込)
主な商品:精肉、野菜、酒、飲料、消耗品、絆創膏などの救急用品等
実施主体:楽天、西友
実施協力:横須賀市、トライアングル

最新ニュース

物流用語集