福山通運/交通事故無し願い「梨」300個配布

2019年09月18日 

福山通運と小丸交通財団は9月18日、東京都江東区越中島の東京支店前交差点で交通安全街頭活動「2019年事故なしキャンペーン」を行った。

<集合写真>

キャンペーンは、警視庁深川警察署、深川交通安全協会、東京都立第三商業高等学校と共催し、9月21日~30日にかけての「秋の全国交通安全運動」に先駆けて実施したもの。

役員と社員約50名が、警視庁深川警察署の署員や東京都立第三商業高等学校の生徒とともに交通事故防止のチラシと「交通事故なし」の願いを込めた「梨」300個を配り、交通安全を呼び掛けた。

福山通運は、2013年から毎年「秋の全国交通安全運動」にちなんだ街頭活動を行っており、今回が7回目の実施となる。

今後は、9月24日に大阪、26日に福山(2か所)で実施を予定しており、福山では、従来から行っている街頭活動に加えて、今回初めて山陽自動車道下りの「福山サービスエリア」でも実施を予定している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集