日本郵船/邦船社初のカーボンオフセットを実施

2019年09月18日 

日本郵船は9月18日、カーボンニュートラルな海上輸送サービスの実現に向け、邦船社初のカーボンオフセットを実施すると発表した。

<ARIES LEADER>

ARIES LEADER

オフセット量は二酸化炭素(CO2)5000トンで、日本郵船の環境フラッグシップである自動車運搬船「ARIES LEADER(アリエス・リーダー)」が日本~中東間1航海で排出するCO2量に相当する。

今回の取り組みでは、現在の技術レベルでは削減が困難なCO2排出量に対してカーボンクレジットを利用することで、理論上CO2排出量をゼロとする海上輸送を実現。今後は環境付加価値の高い海上輸送サービスの選択肢の一つとして、荷主へカーボンオフセットを提案し、サプライチェーンのCO2ゼロ化に寄与していく。

カーボンオフセットとは、温室効果ガス排出量のうち、自らの努力では削減が困難と思われる排出量の一部または全部を、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量(クレジット)を購入することや、他の場所での排出削減・吸収を実現するプロジェクトへの参画などによって排出量を埋め合わせる(オフセットする)こと。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集