大塚倉庫、日本ケミファ/共同物流エリアを全国に拡大

2019年09月18日 

大塚倉庫と医療用医薬品メーカーの日本ケミファは9月18日、共同物流の実施エリアを西日本から全国に拡大したと発表した。

日本ケミファは、2017年から在庫拠点を関東1拠点から東西2拠点に分散し、西日本エリアの物流を大塚倉庫に委託。大塚倉庫の共通プラットフォーム、データやITを活用した庫内ナビゲーション、配車支援システムを活用することで、リードタイムの削減やリアルタイムの運行状況把握、誤配の防止など、物流品質の向上に成果を挙げてきた。

今回、これらの実績を踏まえて、医薬品の安定供給体制を強化するため、大塚倉庫への委託エリアを東日本へ拡大し、全国での共同物流を開始した。

最新ニュース

物流用語集