アマゾン/商品の受け取り新サービス Amazon Hub を日本に導入

2019年09月18日 

アマゾンは9月18日、新しい商品の受け取りサービス Amazon Hubを導入すると発表した。

<Amazon Hub>

Amazon Hub

<Amazon Hubの利用>

Amazon Hubの利用

<Amazon Hubの操作部>

Amazon Hubの操作部

<Amazon Hubの利用 ロッカー篇>

<Amazon Hubの利用 カウンター篇>

Amazon Hub の導入により、顧客はさらに豊富になった受け取り方法の選択肢から、ショッピングをより快適に楽むことができる。9月中に、東京と神奈川において数十か所の Amazon Hub にアクセスできるようになり、年末までには東京、神奈川を中心に約 200か所へ拡大を予定している。さらに2020年以降も日本全国に順次拡大予定だ。

2019年中に、ファミリーマート、小田急電鉄、富士シティオ、昭和女子大学、東京海上日動火災保険、ecbo、りらく、大学生協事業連合などで200か所を超える Amazon Hub から受け取りが可能になる。

Amazon Hub は、顧客が Amazon.co.jp で購入する多くの商品で利用することができ、
当日お急ぎ便、お急ぎ便、通常配送のいずれかを選べる。Amazon Hub のサービスは、すべての顧客が追加費用不要で利用できる。

アマゾンはこれまでに、当日お急ぎ便や、お急ぎ便、お届け日時指定便など、多くの配送サービスを顧客へ提供することで、配送の利便性を向上してきた。商品の受け取りの利便性向上に焦点を当て、置き配指定サービスに加えて、新たに日本で Amazon Hub を導入するもの。

<左から4番目がアマゾンジャパンのジェフ ハヤシダ社長、左から3番目がファミリーマートの澤田貴司社長>

左から4番目がアマゾンジャパンのジェフ ハヤシダ社長、左から3番目がファミリーマートの澤田貴司社長

アマゾンジャパンのジェフ ハヤシダ社長は、「Amazon には長いイノベーションの歴史があり、私たちは常に最先端のテクノロジーによって、商品の配送と顧客の受け取りの環境向上に努めている。Amazon Hub の導入により、顧客がより快適に商品を受け取れるようになることに大変嬉しく思っている。私たちは顧客の声に耳を傾けるだけでなく、各配送パートナーから配送環境に関する意見を伺った。今年2月より開始した「置き配指定サービス」に加え、Amazon Hubの導入により、再配達を軽減し、顧客の利便性をさらに向上させ、ドライバーの皆様への大きな支援になると考えている」とコメント。

また、ファミリーマートの澤田貴司社長は「ファミリーマートは、Amazon との協業に大きな期待を抱いている。Amazon Hub ロッカーの展開により、顧客へ商品受取の新たな選択肢を提供することによる利便性の向上や、店舗のオペレーションの負荷軽減を実現すると共に社会問題となっている再配達問題の解決も積極的に推進する」と述べている。

最新ニュース

物流用語集