ユニバーサルロボット/重量物搬送に可搬重量16㎏の協働ロボット

2019年09月17日 

ユニバーサルロボットは9月17日、可搬重量16kgを誇るUR16eの発売を開始した。

<可搬重量16kgのUR16e>

可搬重量16kgのUR16e

UR16eは可搬重量が16kgと大きい上、900mmのリーチと+/-0.05mmの位置繰り返し精度を併せ持っており、重量物の搬送やハンドリング、マシンテンディングなどの自動化に最適。

UR16eは迅速かつ簡単に自動化を加速する。プログラミングや生産設備への統合がシンプルなため、ロボットプログラミングの専門技術者がいない企業にも容易に利用できる。ユニバーサルロボットの他のロボットと同様に、UR16eは開梱、取り付け、プログラミング、作業開始まで1時間も要しない。UR16eは設置面積が小さく900mmのリーチなので、生産を中断することなく、迅速に製造現場に組み込める。

可搬重量16kgのUR16eは、重量物の持ち上げや搬送に伴う生産性と人間工学の課題を解決し、作業中に起こる怪我の削減、ダウンタイム短縮を実現する。

ユニバーサルロボットの社長であるJürgen von Hollenは「各メーカーは、 昨今の不安定な経済情勢下で競争力を保つために柔軟なソリューションを求めている。UR16eは、重量物を扱う作業を協働ロボットで確実かつ効率的に行いたいというニーズに応える製品」と述べている。

最新ニュース

物流用語集