商船三井/AI技術を活用した船舶画像認識システムの実証実験開始

2019年09月12日 

商船三井は9月12日、センスタイムジャパンと共同で、新たな船舶画像認識・記録システムを開発し、グループ会社である商船三井客船の“にっぽん丸”に搭載、実証実験を開始したと発表した。

<商船三井客船“にっぽん丸”>

商船三井客船“にっぽん丸”

<船舶画像認識/記録システム画面例>

船舶画像認識/記録システム画面例

<自律運行船への取り組み>

自律運行船への取り組み

このシステムは商船三井の知見を盛り込み、AI(ディープラーニング)技術を活用して他の船舶などを認識する画像認識エンジンを開発した上で、GPU(画像処理ユニット)を搭載した端末と超高感度・超高精度カメラを接続することで高精度に船舶を認識し、自動記録されるというもの。

夜間など視界不良時にも対応可能な画像認識技術は、従来船舶自動識別装置(AIS)で捉えることが出来なかった小型の船舶等の認知も可能とする。商船三井では将来的に自律航行船の実現を目指す上で、この画像認識を見張りの自動化へ向けた必要な要素技術と位置付けている。

今回構成したシステムでは撮影した画像データが自動記録されるため、それらのデータを活用することで今後は認識状況の精査を重ね、画像認識エンジンの解析精度をさらに高めていく予定。

商船三井では高性能な画像認識/記録システムに加え、既に実用化されている「AR航海情報表示システム」などの認知にかかわる航海支援システムを「FOCUS EYE」シリーズとし、安全運航強化に向けて航海中の乗組員の見張りをサポートするシステムの開発・改良を継続するとともに、自律航行船の実現を目指し、見張り自動化へ向けた技術の開発を加速していく。

最新ニュース

物流用語集