JR貨物/コンテナ輸送品質向上キャンペーン実施

2019年09月11日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は9月11日、全国通運連盟、鉄道貨物協会と共催で、鉄道コンテナ輸送品質の向上を目的としたキャンペーンを全国で展開すると発表した。

2019年度は「たゆまぬ努力で!『安全・安心』輸送宣言。」をスローガンに掲げ、11~12月にかけて各種の取り組みを実施。

今年から新たに私有コンテナの点検・修繕の進め方や安全管理についての講習会を実施するほか、映像教材の配布などによるコンテナ荷役作業の改善、コンテナホームの修繕工事による作業環境の改善、養生改善の促進、使用済封印環の撤去、広報・啓発活動に取り組む。

キャンペーンは、一貫輸送商品である鉄道コンテナ輸送を安心して利用するため、鉄道コンテナ輸送に携わる関係者が一体となって2011年度から継続して実施している。

■スケジュール
準備期間:10月1日~10月31日
本期間:11月1日~12月31日
※キックオフミーティングを10月2日に開催

最新ニュース