アマゾン/標準配送を置き配に、岐阜県多治見市で実証実験

2019年09月11日 

アマゾンは9月11日、岐阜県多治見市で国内初となる置き配を標準の配送方法とした実証実験を開始すると発表した。

10~11月までの約1か月間、Amazonで購入された商品の配送先が多治見市内の利用者を対象に、「置き配指定サービス」を標準の配送方法とし、在宅・不在に関わらず、指定の場所に商品を配達する。

置き配を希望しない利用者には対面での受け取りを選択できるようにする。

また、実証実験では、配送効率の変化(再配達率等)、毀損や紛失のデータ、対面での商品受け取りを選択した利用者などに関するデータを集計。実証実験期間の前後で顧客調査を実施し、得られた調査結果を配送サービスの発展に役立てる。

なお、アマゾンは6月から「置き配指定サービス」の実施エリアを拡大し、東京都23区、名古屋市、大阪府茨木市、高槻市など大都市圏でサービスを提供している。

最新ニュース