川崎汽船/電源開発向け8.8トン型石炭運搬船を竣工

2019年09月11日 

川崎汽船は9月11日、今治造船の丸亀事業本部で8万8000トン型石炭運搬船「CORONA CITRUS(コロナ・シトラス)」を竣工した。

<CORONA CITRUS>

CORONA CITRUS

「CORONA CITRUS」は、電源開発との輸送契約のもと、同社向けの海外炭輸送に従事する予定。

プロペラの推進効率向上を目的として、プロペラ前方にWAD(Weather Adapted Duct)を、プロペラ後方にHybrid Fin」を搭載するなど、従来船よりも燃費を改善。

また、海洋生態系の保護を目的としたバラスト水処理装置を採用し、2020年1月から世界全海域で施行されるSOx排出規制に対応すべく、エンジンから排出される排ガスから硫黄酸化物を除去するSOxスクラバーを搭載するなど、最新鋭の環境保全技術を導入している。

■主要目
全長:229.98m
型幅:38.00m
型深:19.90m
満載喫水:13.904m
載貨重量トン数:8万8703MT
総トン数:4万9888 T
純トン数:2万8505 T
ホールド/ハッチ数:5/5

関連キーワード:

最新ニュース