三井E&S造船/31万トン型VLCC「ブライト クレスト」引渡

2019年09月11日 

三井E&S造船は9月11日、千葉工場で建造していたVLCC(大型原油タンカー)「ブライト クレスト」を完成し、引き渡した。

<ブライト クレスト>

ブライト クレスト

新造船は、日本の主要港への入港を考慮した主要目として最大級の載貨重量と貨物油タンク容積をもつ、次世代型エコシップ「neoVLCC」の5番船で、最新の船首形状と船尾形状の採用、高効率プロペラ、省エネ装置装備により、省エネルギ-化と環境性能の向上を図っている。

また、排気ガス浄化装置(SOxスクラバー)を搭載し、2020年1月から始まるMARPOL条約のSOx排出規制強化に対応した最新鋭の技術を導入しているほか、原油気化ガスの大気放出を防ぐシステム(VECS)を搭載するなど、環境保護に配慮した仕様となっている。

主機関には最新のG型電子制御エンジンである三井-MAN B&W 7G80ME-C9.5ディーゼル機関を搭載し、幅広い出力域で低燃費を実現。主機関からの排ガス熱エネルギーを回収するターボ発電機システムを採用し、主機関にターボ発電に最適なチューニングを適用することで、補機関も含めた船全体の運航コスト低減を図っている。

貨物油タンクにはIMOのPSPCに適合した塗装を施し、原油に含有する硫黄分などによる貨物油タンク構造の腐食耐性を向上。SOLAS条約の新騒音コードとMLC(海事労働条約)に対応し、船員の労働環境も向上させている。

■主要目
全長:339.5m
幅:60.00m
深さ:28.50m
総トン数:16万47
載貨重量:31万2501トン
主機関:三井-MAN B&W 7G80ME-C9.5ディーゼル機関1基
最大搭載人員:30人
船級:NK
船籍:パナマ
引渡日:9月11日

関連キーワード:

最新ニュース