GLP投資法人/5年連続で「Green Star」評価を取得

2019年09月10日 

GLP投資法人は9月10日、2019年に実施されたGRESBリアルエステイト評価(GRESB 評価)において、5年連続で「Green Star」評価を取得し、「GRESB レーティング」においては、4年連続で「4 Star 」の評価を取得したと発表した。

<GRESB リアルエステイト評価での4 Star >

GRESB リアルエステイト評価での4 Star

取得した「Green Star」は、サステナビリティ評価に係る「マネジメントと方針」および「実行と計測」の両面において優れていると評価された会社に付与されるもの。加えて、2016年には、総合スコアのグローバル順位による相対評価によって5段階で格付けされる「GRESB レーティング」(最上位は「5 Star 」)が導入され、各参加者の環境・社会・ガバナンス(ESG)実践レベルをより明確に把握できるようになった。

GLP投資法人は今後も、GLPグループの豊富なノウハウを活かし、省エネルギーなどの環境配慮やサステナビリティへの取り組みを推進していくとしている。

なお、GRESB評価とは、不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測る年次のベンチマーク調査で、責任投資原則を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設された。2019年9月現在、100機関以上(運用資産額 22兆米ドル(2420兆円、1米ドル=110円で換算))の GRESB投資家・銀行メンバーが GRESBデータを投資先の選定や投資先との対話に活用しており、2019 年に実施されたGRESB評価には、世界で1005の上場・非上場の不動産会社・ファンドが参加した。

関連キーワード:

最新ニュース