ヤマト運輸/宅急便をスマホで発送、コンビニでも開始

2019年09月09日 

ヤマト運輸は9月9日、宅急便の発送手続きをスマートフォン(スマホ)で完結できる新サービスを、9月3日から、全国のヤマト運輸直営店約4000か所で開始したが、9月9日から、コンビニでも開始したと発表した。

<サービス利用の流れ>

サービス利用の流れ

コンビニの内、全国のセブンーイレブン約2万1000店、ファミリーマート約 1万6500店でも、同サービスの利用を開始した。また住所を知らなくてもLINEの友だち宛に安心・スマートに宅急便を送れるサービスも提供開始する。

対象のサービスは、宅急便(発払い/着払い)、宅急便コンパクト(発払い)。コンビニからのクール宅急便は利用できない。

<セブンーイレブンの利用方法は、まず荷物とスマホを持ち、店舗へ>

セブンーイレブンの利用方法は、まず荷物とスマホを持ち、店舗へ

<レジで店舗スタッフが発行済みのバーコードをスキャン>

レジで店舗スタッフが発行済みのバーコードをスキャン

<配送用紙と専用袋を受け取る。荷物に貼り付けた専用袋に配送用紙を入れ、店舗スタッフに荷物を引き渡し、発送手続き完了>

配送用紙と専用袋を受け取る。荷物に貼り付けた専用袋に配送用紙を入れ、店舗スタッフに荷物を引き渡し、発送手続き完了

<ファミリーマートでの利用は、同様に荷物とスマホを持ち、店舗へ>

ファミリーマートでの利用は、同様に荷物とスマホを持ち、店舗へ

<「Famiポート」のメニューから、「配送サービス」選択>

「Famiポート」のメニューから、「配送サービス」選択

<「Famiポート」で発行済み2次元コードをスキャン。発行される「Famiポート申込書」と荷物を持ってレジへ>

Famiポート」で発行済み2次元コードをスキャン。発行される「Famiポート申込書」と荷物を持ってレジへ

<店舗スタッフに「Famiポート申込書」を渡す。配送用紙と専用袋を受け取る。荷物に張り付けた専用袋に配送用紙を入れ、店舗スタッフに荷物を引き渡し、発送手続き完了>

店舗スタッフに「Famiポート申込書」を渡す。配送用紙と専用袋をウケトル。荷物に張り付けた専用袋に配送用紙を入れ、店舗スタッフに荷物を引き渡し、発送手続き完了

最新ニュース