JR貨物/横浜羽沢駅リニューアルで能力向上

2019年09月06日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は9月6日、11月30日に予定している横浜羽沢駅のリニューアル開業についての詳細を発表した。

<改良後の構内状況>

横浜羽沢駅

列車本数について、要望の強い深夜の集貨が可能な北海道行き・九州行きの列車を各1本増便する。

既存列車についてはE&S方式(着発線荷役方式)となることで、発列車の貨物引受時刻の繰り下げ(78~15分)や、到着列車の貨物引渡時刻の繰り上げ(53~11分)を実施し、利便性の向上を図る。需要に応じた輸送力の柔軟な調整も可能になる。

また、コンテナホームを拡張したことで、荷役線で一度に荷役できる車両数が従来の14両から26両まで増加し、取扱能力が向上。

そのほかE&S方式導入に伴い、輸送障害時の急送品の迅速な取り卸しが可能になるとともに、列車の発着が可能な線路が3線から7線に増えることで、列車運転計画の変更が柔軟になるなど異常時対応能力が向上する。

関連キーワード:

最新ニュース