JICA/物流活性化へマダガスカルに25.9億円の無償資金贈与

2019年09月04日 

国際協力機構(JICA)は9月4日、マダガスカル政府との間で、「国道2号線(アンタナナリボ-トアマシナ間)におけるマングル橋及びアンツァパザナ橋改修計画」を対象として25億9600万円を限度とする無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement: G/A)を締結したと発表した。

<署名式の様子>

署名式の様子

この案件は、マダガスカルの首都アンタナナリボ市と南部アフリカの主要国際港であるトアマシナ港を繋ぐ幹線道路、国道2号線上に位置する、老朽化した2つの橋の架け替えと2車線化により、マダガスカル国内とアフリカ南部地域の物流活性化に寄与するもの。

また、現在、有償資金協力で実施中の「トアマシナ港拡張事業」により2035年までにトアマシナ港の取扱貨物量が現在の約4倍に増えることが見込まれることから、港と首都の連結性強化による相乗効果が期待される、としている。

なお、具体的事業内容(予定)は、施設設備では、マングル橋で橋梁整備(全長約102m/2車線、歩道の設置)、アクセス道路の延長(約700m)、アンツァパザナ橋(仮名)で橋梁整備(全長約30m/2車線、歩道の設置)、アクセス道路の延長(約120m)、橋梁周辺の護岸工(橋台の上下流各約10m)。

また、コンサルティング・サービスでは、詳細設計、入札補助、施工監理を行う。

最新ニュース

物流用語集