商船三井ロジ/フィリピン法人が完成車物流センター開設

2019年09月03日 

商船三井ロジスティクスは9月3日、フィリピン現地法人のMOL Logistics Philippines(MLGフィリピン)が、フィリピン・バダンガス港に完成車向け専用施設「Pre Delivery Inspection Center(PDIセンター)」を開設したと発表した。

<外観>

<内観>

PDIセンターは、メトロマニラの南方110kmに位置するバダンガス港のA sianターミナル内で、敷地1万5000m2と立地する倉庫を賃借。大手自動車メーカーの完成車に関わる納車前点検(PDIサービス)の取り扱いを開始し、8月に本格稼働を開始した。

センターでは、完成車に関わる水漏れテスト、軽微な修理や塗装、洗車などを含めた高品質なPDIサービスを、輸入通関や一時保管サービスとともに提供。

自動車市場の伸びが見込まれるフィリピンで、自動車のサプライチェーン効率化に関する物流への需要拡大に対応する。

■Pre Delivery Inspection Centerの概要
所在地:Asian Terminals Inc. Batangas Container Terminal CFS, Batangas Port Phase 2, Santa Clara, Batangas City.
敷地面積:1万5000m2
本格稼働:8月

最新ニュース