神鋼物流/「ホワイト物流」推進運動に賛同

2019年09月02日 

神鋼物流は9月2日、「ホワイト物流」推進運動に賛同し、取引先や物流事業者等の関係者と協力して物流の改善に取り組むことを宣言した。

具体的には、「荷待ち時間や運転手の手作業での荷卸しの削減、付帯作業の合理化等の提案」「荷主と協力し、納入先での付帯作業について『トラック受渡条件適正化』に向けた活動」「高速道路の利用推進」「長距離輸送のトラックからフェリー・RORO船・鉄道への転換」「トラック運転手が適正に休憩をとりつつ運行できるように、到着時間を柔軟に変更」「燃料サーチャージの導入推進」の6項目の自主行動計画を策定し、取り組んでいく。

ホワイト物流推進運動は、国土交通省や経済産業省、農林水産省が提唱するトラック輸送の生産性向上・物流の効率化や、より働きやすい労働環境実現を目指す社会運動。

関連キーワード:

最新ニュース