商船三井/トルコ製鉄大手と戦略的提携に向けた協定書を締結

2019年09月02日 

商船三井は9月2日、Tosyalı Holding 社(トスヤル社) と戦略的提携に向けた検討を始めることで合意し、8月30日に駐日トルコ共和国大使館でハサン・ムラット・メルジャン駐日トルコ共和国大使の立会いの下、協定書への調印を行ったと発表した。

<調印当日の写真左からトスヤル社のフアット・トスヤル会長、トルコ共和国 ハサン・ムラット・メルジャン駐日大使、商船三井 池田潤一郎社長>

調印当日の写真左からトスヤル社のフアット・トスヤル会長、トルコ共和国 ハサン・ムラット・メルジャン駐日大使、商船三井 池田潤一郎社長

協定により、今後トスヤル社のトルコ内外生産拠点における原料並びに鉄鋼製品の輸送、同社が開発を行うトルコ東南部の港湾運営、更にトスヤル社が計画する新規事業での協業などを検討していくとしている。

トスヤル社はトルコの大手製鉄会社であり、その事業をトルコ国内外に広く展開している。昨年同社はアルジェリアで世界最大規模かつアフリカ最大の直接還元鉄プラントを稼働させた。直接還元鉄プラントとは主に天然ガスを使用して還元鉄を製造する直接還元製鉄法による製鉄所。なお、同社の2018年鉄鋼生産量は1000万トンを上回る規模にまで達している。

この協定は、商船三井が経営計画「ローリングプラン2019」で掲げる「お客様の様々な輸送ニーズに対してワンストップでソリューションを提供できる総合力」を体現したものであり、トスヤル社の事業拡大への貢献も目指すもの。

トスヤル社との関係深度化を通じて、商船三井はトルコをはじめアフリカをターゲットとした事業体制を強化していくと同時に、今後も顧客目線に立ったストレスフリーなサービスの提供を実現していくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース