トッパン・フォームズほか/棚卸作業のオートメーション化で協業

2019年09月02日 

トッパン・フォームズとブルーイノベーションは9月2日、ドローンやロボット、RFID、画像認識技術を活用した倉庫内棚卸作業のオートメーション化ソリューションの開発・展開に関する協業について合意したと発表した。

<ドローン・ロボットを活用した倉庫内棚卸作業の完全自動化イメージ>

ドローン・ロボットを活用した倉庫内棚卸作業の完全自動化イメージ

<現行機での棚卸作業イメージ>

現行機での棚卸作業イメージ

両社は協業の第一弾として、ドローンでRFIDタグを読み取ることで倉庫内棚卸作業を省力化する仕組みの実証実験サービスを今秋から提供開始する。両社はこのサービスの提供を通じて、倉庫内棚卸作業のオートメーション化における運用現場での課題抽出やサービスの高度化へとつなげていくとしている。

トッパンフォームズは 、「RFID」を中心に 利用用途に応じたICタグなどの媒体、システムをトータルで提供可能な IoT ソリューションを強みとしている。一方でブルーイノベーションは、One Command Full Mission をテーマに、複数のドローンを毎回複雑な設定や操作をすることなく一つつの指示で自動的に業務を達成することが可能な「Blue Earth Platform (BEP )」と、BEPのサブシステムである独自の自己位置推定技術による正確な屋内自動飛行を強みとしている。

屋内のソリューションについては、本年6月、最小限のカスタマイズで素早くソリューション開発可能なインドアフライトプラットフォーム「BI AMY エイミー」を開発した。センサーでマーカーを検知し自己位置推定技術±1cmの精度で、施設にマーカーを貼るだけで簡単にセッティングが可能、自由に屋内のソリューションを開発可能、ゲーム感覚の親しみやすいユーザインタフェースで操作可能としている。これまでと一線を画した斬新なデザインのドローンで構成されている。

トッパンフォームズとブルーイノベーション両社の強みを融合し、RFIDタグの読み取りが可能なドローンとロボットを連携させた倉庫内棚卸作業のオートメーション化ソリューションを開発・展開することで、顧客の課題解決、さらには社会課題の解決へと貢献していく。

<実証実験サービスで確認する内容>

実証実験サービスで確認する内容

最新ニュース