日立物流/パッケージングコンテストでダブル受賞

2019年09月02日 

日立物流は9月2日、日本包装技術協会主催日本パッケージングコンテストにお
いて、「医用自動分析装置の包装改善」「ノートPC 用サイズ可変オール段ボール緩衝材」がそれぞれ「ロジスティクス賞」「電気・機器包装部門賞」を受賞したと発表した。

<医用自動分析装置の包装改善>

医用自動分析装置の包装改善

医用自動分析装置の包装改善では、従来の木箱使用では大量の木ねじと木材を使用することから、納品先において開梱作業時間と廃材が生じており、また多くの保管スペースが必要になる等の課題があった。

これらを解消するため、木材はパレットのみとし、その他部位を段ボール化、さらに徹底的に梱包方法(構造)を見直したことで、これまで通りの顧客指定包装評価試験(落下・振動)を満たした仕様を維持しながらも、1.梱包・開梱のトータル作業時間75%削減 2.構造変更による包装容積25%削減 2.木材廃棄物82㎏削減を実現している。

<ノートPC 用サイズ可変オール段ボール緩衝材>

ノートPC 用サイズ可変オール段ボール緩衝材

ノートPC 用サイズ可変オール段ボール緩衝材では、従来の包装仕様は、段ボールに追従性フィルムを貼り付けた異材質複合材を適用しており、包装材調達コストが高価だった。また、2種類ある製品機種(サイズ)に対し、各々個別に包装材を適用していた。オール段ボール化と、2つの製品機種に対応する可変式緩衝材を採用した結果、材料変更と、材料共用化によるロット集約効果も加わり、調達コストの50%削減を達成した。

さらに、プラスチック材の全廃を行ったことで、廃棄の際に生じていた追従性フィルムとダンボールを分離する作業の解消と、これまで無かった天面にも、緩衝機能を付加することで、製品保護性能を向上させた。

最新ニュース