オカムラ/「ホワイト物流」推進運動に賛同

2019年08月30日 

オカムラは8月30日、「ホワイト物流」推進運動に賛同し、8月15日に自主行動宣言を提出したと発表した。

自主行動宣言の中では、物流の改善提案と協力、配車システムの導入、集荷先や配送先の集約、荷主側の施設面の改善、荷役作業時の安全対策、繁閑期の平準化に取り組むことを表明している。

「ホワイト物流」推進運動は、トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化と、女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現に取り組む運動。国土交通省・経済産業省・農林水産省が、4月から上場企業や各都道府県の主要企業合計6300社に対し、推進運動への参加を呼び掛けている。

関連キーワード:

最新ニュース