ANAなど/ザンビアで血液検体などをドローン輸送

2019年08月29日 

ANAホールディングスとエアロセンス、国立国際医療研究センター(NCGM)は8月29日、ザンビア共和国でドローンによる血液検体等の輸送を行うと発表した。

<イメージ>

地上交通インフラが未発達な地域にある中央病院や郡病院などと農村部のヘルスセンターなどの間でドローン輸送を行い、検体回収から診断、治療も含めた保健医療サービス全体の所要期間短縮を図るほか、輸送品質の向上によって検査の質を向上させる。

この事業は、国際協力機構(JICA)が実施する2019年度第一回「中小企業・SDGsビジネス支援事業」(SDGsビジネス支援型)に採択されており、事業期間は2020年1月~2021年6月。

ANAホールディングスが業務全体の統括や、ドローン運用手順の確立と現地適用、現地人材への運用ノウハウ移転、事業計画の策定、CAA・ZICTAとのカウンターパート連携を、エアロセンスがドローンの運用準備・試運転、機体の改良検討、運用・技術指導支援を、NCGMが保健医療分野の助言・支援や、保健省とのカウンターパート連携、現地パートナー等との連携支援を担当する。

■事業概要
日時(予定):2020年1月~2021年6月(18か月間)
相手国実施機関(予定):ザンビア共和国保健省(MOH)臨床治療診断局、民間航空局(CAA)
運搬物:HIV/AIDSの診断や治療に必要な検査用血液検体(乾燥濾紙血液検体DBSを含む)、結核検査用の喀痰、その他医療関連物資(消耗品、試薬、迅速診断キット等)

最新ニュース