川崎重工/ばら積運搬船「NAVIOS HERAKLES I」引き渡し

2019年08月28日 

川崎重工業は8月28日、中国遠洋海運集団と共同運営している南通中遠海運川崎船舶工程(NACKS)で、INDIGO MARINE SHIPPING S.A.向けの81型ばら積運搬船「NAVIOS HERAKLES I(ナビオス ヘラクレス ワン)」を引き渡した。

<NAVIOS HERAKLES I>

NAVIOS HERAKLES I

新造船は、川崎重工とNACKSが共同開発した3隻目の81型ばら積運搬船で、パナマックスサイズのばら積運搬船としては4隻目となる。

船倉は7つで、穀類や石炭、鉱石などの貨物を搭載可能。また、省燃費型の電子制御式ディーゼル主機関や低抵抗の船首形状、推進効率の高い形状のプロペラ、カワサキフィン付ラダーバルブなど推進性能に寄与する独自技術を採用し、燃費の向上を図っている。

そのほか、省エネルギー技術の採用で燃料消費量とCO2排出量を低減させることで、EEDI規制のフェーズ2に対応している。

<主要目>
全長:228.90m
長さ:226.00m
幅:32.24m
深さ:20.20m
満載喫水:14.50m
総トン数:4万4120
載貨重量:8万2036トン
貨物倉容積:9万7745m3
主機関:MAN B&W 6S60ME-C8.5-TII ディーゼル機関 1基
連続最大出力:9670kW×89回転/分
航海速力:14.2ノット
定員:25名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:パナマ

最新ニュース