日本郵船/仏石油・ガス大手とシャトルタンカーの用船契約

2019年08月28日 

日本郵船は8月28日、子会社のKnutsen NYK Offshore Tankers AS(KNOT)が、フランスに本部を置く石油・ガスメジャーTOTALとシャトルタンカー1隻の定期用船契約を締結したと発表した。

用船期間は2021年から最長15年間で、ブラジル周辺海域で産出される原油のシャトル輸送を手がける。

中国のCOSCO舟山 (Zhoushan)造船所で建造される高性能のダイナミック・ポジショニング・システム(動的定点保持システム)を搭載した15万2000重量トン型スエズマックス・タンカーを投入する予定。

同船の竣工で、KNOTグループ傘下のシャトルタンカーは発注残を含め合計32隻となった。

最新ニュース