NEXCO中日本/新東名高速道路、全線開通3年遅れの2023年に

2019年08月28日 

中日本高速道路(NEXCO中日本)は8月27日に横浜市で開催した新東名高速道路(海老名南JCT~御殿場JCT間)連絡調整会議において、複数の区間で開通時期を変更したと発表した。

<新東名高速道路の工事概要図>

新東名高速道路の工事概要図

<埋蔵文化財調査状況(伊勢原市域)>

埋蔵文化財調査状況(伊勢原市域)

<御殿場IC付近 土工部施工状況(御殿場市域)>

御殿場IC付近 土工部施工状況(御殿場市域)

それによると、伊勢原大山IC~秦野IC間が2020年度を2021年度に、秦野IC~御殿場IC間が2020年度を2023年度に、開通時期の変更があった。

伊勢原大山IC~秦野IC間は、用地取得の難航、膨大な埋蔵文化財調査などにより、道路本体工事が遅延している。埋蔵文化財は旧石器時代の遺跡。

秦野IC~御殿場IC間は、のり面崩落に伴う工事用進入路のルート及び構造の見直し、想定以上の断層破砕帯が確認されたことによる橋梁構造形式の変更、これらに伴う施工計画の見直しが発生している。

なお、新東名の厚木南IC~伊勢原JCT間の開通後の交通状況も併せて発表し、1日あたりの交通量は1.0万台、並行する東名の厚木IC~伊勢原JCTの交通量は1日あたり約0.6万に減少した。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集