大和ハウス、マキタなど/岡山空港南産業団地に物流施設建設

2019年08月27日 

岡山県は8月23日、岡山市北区の空港南産業団地に大和ハウス工業(岡山空港南開発特定目的会社)、マキタ、鶴山運送の3社が立地し、それぞれが物流施設を建設すると発表した。

<空港南産業団地>

空港南産業団地

大和ハウス工業はSPCの岡山空港南開発特定目的会社を通じて3万7000m2の区画へ進出。2階建て延床面積3万3000m2の「DPL岡山空港南」を建設し、中四国の物流拠点を希望する企業のニーズを取り込む。

投資額は53億円。全2期に分けて建設する計画で、12月に着工し、2020年12月の操業開始を予定している。

マキタは7万m2の敷地に西日本の物流拠点として3階建て延床面積3万6000m2の「西日本物流センター」を建設する。施設では57名を雇用し、電動工具や園芸用機器などの保管、出荷を手がける。

投資額は124億円。2021年1月に着工し、2022年4月の操業開始を目指す。

鶴山運送は敷地1万5000m2に2棟で総延床面積1万4000m2の「岡山物流センター第一倉庫・第二倉庫」を建設する。施設の建設によって、県内外からの貨物運送などの受注増に対応する狙い。

13億円を投じる計画で、1棟を2020年4月に着工、同10月に操業し、もう1棟を2022年4月に着工、同10月に操業させる。

空港南産業団地は、岡山県と岡山市が共同で開発。1月から公募を行い、審査で3社を選定した。

■施設概要
「大和ハウス工業(岡山空港南開発特定目的会社)」
名称:DPL岡山空港南
建設地:岡山市北区富吉2448-34(空港南産業団地2号地)
敷地面積:3万7286.33m2
構造:鉄骨造2階建
延床面積:3万3452.60m2
着工予定:(I期)12月、(II期)2020年9月
操業予定:(I期)2020年4月、(II期)2020年12月
投資額:53億2000万円(土地代12億7000万円含む)
従業員数:未定
事業内容:物流施設の賃貸業務

「マキタ」
名称:マキタ 西日本物流センター
建設地:岡山市北区富吉2448-31(空港南産業団地3号地)
敷地面積:7万572.09m2
構造:鉄骨造3階建
延床面積:3万6638.65m2
着工予定:2021年1月
操業予定:2022年4月
投資額:124億7560万円(土地代19億7560万7200円含む)
従業員数:57名(うち新規雇用35名)
事業内容:電動工具・園芸用機器等の保管、出荷

「鶴山運送」
名称:鶴山運送 岡山物流センター第一倉庫・第二倉庫
建設地:岡山市北区富吉2546-8(空港南産業団地1号地)
敷地面積:1万5390.18m2
構造:鉄骨造
延床面積:1万3860m2
着工予定:(I期)2020年4月、(II期)2022年4月
操業予定:(I期)2020年10月、(II期)2022年10月
投資額:13億2500万円(土地代2億7500万円含む)
従業員数:23名(うち新規雇用23名)
事業内容:営業倉庫運営、配送事業

最新ニュース