日本郵船/次世代省エネ型の重量物船を建造

2019年08月26日 

日本郵船は8月26日、グループ会社のNYKバルク・プロジェクトが中国の造船所である南京金陵船厂(NANJING JINLING SHIPYARD)と、次世代省エネ型の重量物運搬船2隻の建造契約を締結したと発表した。

<次世代省エネ型 重量物運搬船(風力発電用ブレードの積載イメージ)>

新造船は400トンクレーン2基を備え、最大800トンの重量貨物を吊り上げることが可能。

貨物倉は区切りのない最大95mのロングホールドで、ハッチカバーを開けたまま航行でき、さらに船首にブリッジを配置することで、前方の視界を損なうことなく背高・長尺・大型の重量貨物を倉内やハッチカバー上に積載することが可能となる。

環境面では日本の舶用機器メーカー各社の協力を得て同型既存船と比べて大幅な燃費低減を実現。GHG(温室効果ガス)排出規制のEEDI(エネルギー効率設計指標)では、2025年以降の契約船に適用されるPhase3を先取りして満たしている。

■概要
全長:138.00m
全幅:23.60m
深さ:8.30m
載貨重量トン数:1万2470トン
クレーン能力:800トン (400トン×2)
船籍:パナマ
竣工予定:2021年8月、2022年1月

関連キーワード:

最新ニュース