日通/多様化する物流ニーズ に対応、新器材を開発

2019年08月23日 

日本通運は8月23日、国内輸送ネットワークの強化を図るために、新たな器材「NEX-NET プロテクトBOX」を開発、9月2日から運用を開始すると発表した。

<プロテクトBOX外観 前側>

プロテクトBOX外観 前側

<プロテクトBOX外観 後側>

プロテクトBOX外観 後側

<大型トラックへの積載の様子>

大型トラックへの積載の様子

「プロテクトBOX」は、顧客や物流現場から寄せられた多くの要望に応えるために、一般の市販品にはないさまざまな機能や特長を持った器材。同器材は 岐阜プラスチック工業と共同で開発した。

特徴には、強固で軽量な素材で作られており、外的要因から貨物の汚破損を防ぐほか、輸送中の荷崩れや汚破損事故を防止する梱包および養生を簡素化できるため、作業時間の短縮による作業効率の向上、梱包資材の購入費用や使用後の廃棄費用を削減する。

また、上積みや積み重ねが困難な貨物についても、車両やコンテナへの二段積載が可能となり、積載効率の向上が図れる。パレットと側壁が一体仕様になっており、1人でも簡単に組立てや折たたみが可能。

さらに、貨物の口割れおよび 紛失防止のため、器材自体に施錠が可能。ハンドリフトでの荷役作業が可能。耐久性が高く、繰り返し使用できる器材のため、環境にも配慮した物流を実現する。

今後日通では、国内のあらゆる輸送モードに利用可能であるため、同器材と各種輸送商品を組み合わせた新たな輸送サービスを開発するとしている。

<プロテクトBOXの仕様>

プロテクトBOXの仕様

最新ニュース

物流用語集