日通/カザフスタンに駐在員事務所を開設

2019年08月22日 

日本通運は8月22日、同社東アジアブロックが、カザフスタン共和国のアルマトイ市に駐在員事務所を開設し、8月13日に開所式を開催したと発表した。

<カザフスタン共和国政府との会談の様子>

カザフスタン共和国政府との会談の様子

<開所式でスピーチをする齋藤社長>

開所式でスピーチをする齋藤社長

カザフスタン駐在員事務所では、現地での情報収集、マーケティング調査を行う。中央アジアという地理的特性を踏まえ、東アジアと欧州間のビジネス拡大に向け、同国での将来的な事業性の検証を行う。今回の駐在員事務所の開設により、グループの海外ネットワークは、48か国、304都市となる。

具体的な業務内容は、カザフスタンおよびCIS諸国における物流ビジネスの情報収集、現地における市場、インフラ、および物流事情などの調査、中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送のオペレーション向上を目的としたカザフスタン鉄道との業務連携強化等を行う。

開所式で日通の齋藤社長は、「東アジアと欧州を繋ぐ役割を担い、物流を軸として当地の発展に寄与できるように取り組んでいく」と述べた。

■拠点概要
名称:香港日本通運 カザフスタン駐在員事務所
(NIPPON EXPRESS (H.K.) CO., LTD. KAZAKHSTAN REPRESENTATIVE OFFICE)
住所:OFFICE 901, 9TH FLOOR, BUSINESS CENTER GREEN TOWER,
192/2 DOSTYK AVENUE, ALMATY, REPUBLIC OF KAZAKHSTAN
TEL:+7-727-325-9871
開設日:2019年8月1日

最新ニュース