三菱地所・ラサール/相模原市の物流施設2棟で環境認証取得

2019年08月21日 

三菱地所物流リート投資法人とラサールロジポート投資法人は8月21日、保有するロジポート相模原とロジポート橋本で「CASBEE不動産評価認証」を取得した。

<ロジポート相模原>

ロジポート相模原

<ロジポート橋本>

ロジポート橋本

両物流施設は、ともに神奈川県相模原市内に立地。「エネルギー・温暖化ガス」「水」「資源利用・安全」「生物多様性・敷地」「屋内環境」の項目による評価結果で、ともに5段階中最高のSランクだった。

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)は、建築物の環境性能を評価し格付けするもので、省エネルギーや省資源、リサイクル性能など環境負荷低減の側面に加え、景観への配慮なども含めた建築物の環境性能を総合的に評価するシステム。

■施設概要
「ロジポート相模原」
所在地:相模原市中央区田名3700-3
敷地面積:9万4197.27m2
延床面積:20万45.57m2
竣工:2013年8月
構造:地上5階

「ロジポート橋本」
所在地:相模原市緑区大山町4-7
敷地面積:6万7746.26m2
延床面積:14万5801.69m2
竣工:2015年1月
構造:地上5階

最新ニュース

物流用語集