アスクル/「衛生・介護用品 定期配送サービス」を開始

2019年08月21日 

アスクルは8月21日、大人用おむつをはじめとする介護施設で必要不可欠な5品目を、 顧客が設定した数量・サイクルで自動配送する「衛生・介護用品定期配送サービス」を開始すると発表した。

サービスは、介護施設での購入比率が高い商品を定期的に配送し、忙しい介護現場での発注業務の手間削減に加え、買い忘れによる在庫切れのリスク低減をサポートするもの。また、通常価格よりもお得に購入可能なことから、顧客の経費削減にも貢献する。

定期配送対象商品は介護施設の必需品の中でも特に突出して購入比率の高い、「大人用おむつ」や「プラスチックグローブ」など、5品目24商品からスタートする。顧客のニーズに合わせて順次拡大予定としている。

定期的に一定の数量を確実に届けることで、都度発注の手間を削減し、買い忘れを防止、在庫切れのリスクの低減にも繋がる。

なお、6種類のお届けサイクルから選択が可能で、1週間毎(曜日指定)、 2週間毎(曜日指定)、 3週間毎(曜日指定)、 4週間毎(曜日指定)、 1ヵ月毎(日付指定)、 2ヵ月毎(日付指定)となっている。

関連キーワード:

最新ニュース