ヨコレイ/ホワイト物流推進運動への賛同を表明

2019年08月20日 

横浜冷凍(ヨコレイ)は8月20日、国土交通省が進めるホワイト物流推進運動への賛同を表明し、7月31日に自主行動宣言を提出したと発表した。

同社はトラック待機時間の削減や庫内作業の平準化を図るため、2017年12月にトラック予約受付システムを開発。現在5か所の事業所に導入しており、2018年2月には同システムを導入した東京羽田物流センター、同年11月には名港物流センターが国土交通省から物流総合効率化法の認定を受けている。

物流に携わる企業として、物流の効率化、物流業界の労働環境改善を目指すため、ホワイト物流推進運動の趣旨に賛同。今後もトラックドライバーや庫内オペレーションに従事する社員の労働環境改善に努め、持続的・安定的な物流の確保に向けた取り組みを続けていく方針だ。

最新ニュース

物流用語集