メディパルHD、三菱倉庫/医薬品流通で業務提携

2019年08月20日 

メディパルホールディングスと三菱倉庫は8月20日、医薬品流通に関する最新・最適なプラットフォームの構築を目的とした協業を行うと発表した。

両社は8月20日付で業務提携契約を締結すると同時に、メディパルホールディングスが三菱倉庫の医薬品専門運送子会社であるDPネットワークへ出資した。協業により、市場出荷後から最終需要者までの全過程における全体最適な医薬品流通体制の構築を目指し、両社で検討を進めていく。

また、DPネットワークが展開している医薬品GDP(Good Distribution Practice)に準拠した医薬品保冷配送サービス「DP-Cool」を活用し、厳格な温度管理が可能でより効率的な流通プラットフォームの構築を目指す。

三菱倉庫は製薬企業から医薬品卸までの流通を、メディパルホールディングスは医療機関への流通を担っており、相互に保有する流通技術やノウハウを共有することで、高品質かつ効率的で切れ目の無い新しいサプライチェーンの実現を目指すことで方向性が合致し、業務提携の締結に至った。

最新ニュース