センコー/兵庫県尼崎市に4.4万m2の都市型物流センター開設

2019年08月20日 

センコーは8月20日、兵庫県尼崎市に「尼崎PDセンター」を2020年2月に開設すると発表した。

<「尼崎PD センター」完成イメージ図>

「尼崎PD センター」完成イメージ図

新センターは、大阪市中心部から8km圏内に位置し、阪神高速道路「尼崎西IC」より約3km、名神高速道路「尼崎IC」より約2km と大阪・神戸など広域をカバーできる配送拠点として最適。

また、大阪港と神戸港の中間点に位置し、海外輸送との相乗効果も期待できる。周辺は住宅エリアであるため、労働力の確保もしやすい環境にある。

建物の概要では、延床面積約4万4000m2、両面トラックバース(接車88台)、ドックレベラー(10台)、垂直搬送機(6台)を備え、高い利便性と労働力の確保、自然災害への対応を図り、さまざまな顧客の物流ニーズに応えるとしている。

また、昨今多発している自然災害を踏まえ、顧客のBCPニーズにも応えていく。南海トラフ地震を想定した津波ハザードマップでは、浸水エリア外に位置しており、地震の揺れを吸収する鋼材を使った耐震構造を施し、非常用発電機も設置する。さらに、環境対策として、全館LED照明を採用している。

■概要
名称:尼崎PDセンター
所在地:兵庫県尼崎市扶桑町1-21
延床面積:4万3858m2
倉庫、バース:4万2267m2
事務所他:1691m2
設備:貨物用エレベーター4台、垂直搬送機6台、ドックレベラー10台、トラックバース88台
貸主:日鉄興和不動産

最新ニュース