住商グローバル・ロジ/タイで6棟目の自社倉庫を稼働開始

2019年08月19日 

住友商事は8月13日、完全子会社の住商グローバル・ロジスティクスがタイで4000m2の自社倉庫を稼働させたと発表した。

<新倉庫>

新倉庫は、住商グローバル・ロジスティクスがタイで運営する物流子会社のSumisho Global Logistics(Thailand)を通じて、同社のナワナコン支店内に同支店6棟目の自社倉庫として建設した。

ナワナコン支店はバンコクから車で45分のアユタヤ、ナワナコン地区に立地。食品・消費財メーカーの集積地で、バンコク都市部などの大消費地やバンコク港への流通に適した立地であることから、今後も旺盛な物流需要が見込まれている。

また、タイはイスラム教の戒律に従ったハラル食品の世界トップ5の製造国となっており、今後もハラル食品の取り扱い拡大が見込まれている。

SGLTがタイでオペレーションに携わる倉庫延床面積は9万m2で、新倉庫を合わせて9万4000m2に拡大した。

■新倉庫の概要
所在地:タイ国パトゥムタニ県SGLTナワナコン支店内
倉庫床面積:4000m2
稼働開始(一部):8月上旬

最新ニュース