ヤマトHD/中国でEC企業に自動搬送ロボット活用物流サービス提供

2019年08月19日 

ヤマトホールディングスは8月16日、中国法人の雅瑪多国際物流(YIL)がロジザードのグループの龍騎士供応鏈科技(上海)と連携して、上海ロジセンターに自動搬送ロボット(AGV)を導入し、主に中国でEC事業を行っている企業向けの物流サービスの提供を開始したと発表した。

<ズラリ並んだクロネコのマークがついたAGVクロネコのマーク>

ズラリ並んだクロネコのマークがついたAGVクロネコのマーク

<AGVが実際に稼働している様子>

AGVが実際に稼働している様子

YILは、ロジザードが中国企業にOEMとして提供するWMS「e倉管」と、北京极智嘉科技のAGVを導入した。これにより作業の大半を占める、商品のピッキング作業と、入荷時に商品を保管棚へ運搬・格納する作業を自動化し、作業効率が従来比3倍となり、急な出荷増への対応や、キャンペーンなどの物流増に対し、人員を新たに雇用する必要無く、高品質な物流サービスの提供が可能となった。

今後も、庫内業務の省人化を図るとともに、物流波動に影響されず高い作業品質の運用を実現していくとしている。

なお、今後、eコマース事業を展開している企業に限らず、B2Bの小口多頻度の店舗納品型のビジネスをしている顧客や、現在の物流品質に課題を抱える企業 に対し、高品質な物流サービスを提供していく。

また、BtoBとBtoCの領域で、より細かく顧客のニーズに対応するため、今回の AGVの導入を皮切りとし、人工知能などのデジタルテクノロジーや自動化設備を積極的に活用した高品質な物流サービスを中国において提供していくとしている。

■概要
センター名称:雅瑪多国際物流 上海分公司 上海ロジセンター
所在地:上海市嘉定区金園五路366号 梁杭科創園内
センター内面積:総面積1万1700m2
(1号建屋7500m2、2号建屋4200m2)
AGV導入エリア:2号建屋内に2500m2のスペースで設置

最新ニュース