住友倉庫/倉庫の環境対策資金調達にグリーンボンド活用

2019年08月09日 

住友倉庫は8月9日、国内市場で公募形式によるグリーンボンドを9月に発行すると発表した。

予定額は50億円で、国内倉庫・貸ビル等の空調機器の更新や、国内倉庫等の照明器具のLED 化、海外子会社が保有する倉庫の屋上太陽光発電設備の設置に充当する。

グリーンボンドは、企業や地方公共団体等がグリーンプロジェクト(再生可能エネルギー
事業、省エネ設備の建設・改修、環境汚染の防止・管理等の環境改善効果がある事業)に要する資金を調達するために発行する債券で、倉庫会社による発行は国内初となる。

■グリーンボンドの概要
発行年限:5年
発行予定額:50億円
発行予定時期:9月
主幹事会社:SMBC日興証券、大和証券
GreenBondStructuringAgent:大和証券

最新ニュース